マクロビクッキング⑫ うなぎもどき

d0098183_1018470.jpg
 
枝豆入り玄米ごはん
カリフラワーのスープ
豆腐のうなぎもどき
レタスと海苔のサラダ
フルーツジュースの寒天寄せ

ある日のマクロビ講座にて
ごちそうさまでした




豆腐のうなぎもどき

家でも復習してみました。
豆腐が水っぽくて水切りが不十分だったのかも。
皆さんで作った時はうまくいったのに残念。
地粉も... 実は天ぷらの粉の古いのしかなく
それを使った(-_-メ) NG


一方 海苔で皮を作るのはoK。 
豆腐の片面にくっつけて焼くと 香ばしくてホント美味しい。
しかも脂が乗った皮の味がする !
鰻の身の部分になる豆腐は失敗でしたが
皮の部分になる海苔はいい感じ。
湿気気味の海苔 だったけど 惜しげもなく使ったのが 功を奏しました。

材料は
豆腐+地粉+有機すりゴマ+海苔 とシンプルです。

たくさんのすりゴマを混ぜ込んでいるので
ビタミンやミネラルはじめ 抗酸化成分もばっちり。
たれをもう少し工夫して これは是非 夏休みにモノにしたいです。

d0098183_10182183.jpg


そして
土用の丑の日には 勿論
正真正銘の もいただいたのでした (*´∇`)
国産鰻も そして豆腐で作った鰻もどきも
いずれも甲乙つけがたく 美味しい。 暑気払い。

しかも 鰻には完熟じゅくじゅくの アボガドなんかも添えたりして
ワサビ醤油で...

最近 アボガドにはまっています。
きっかけは
エリカ・アンギャルさんの著書より
森のバターアボガド食べる美容液 
なんせ 天然の美容液が不足がちなもので。

そして

同い年ママ友の影響大。
1年ぶりに会って見違えたほど。
アボガド歴は私の2~3ヶ月どころか1年とか。
見えない努力はいっぱいされているだろうけど
一緒に御飯を食べた時 そんな話をしていたところ
なんと意図せず アボガドが料理に登場(嬉 !)
アボガドが美容のkey word となり思わぬ会話へと発展。


d0098183_10184075.gif



マクロビオティック marie 先生のmenuもlecture も 
秋から行きはじめて そろそろ1年です。
春夏秋冬と一周するのもあと少し。


そこで私的考察をしてみた...
マクロビ的には どうも自分は性格的行動的には に寄り
顔色 手の色はじめ パッと見は寄りだと思われる。
そして 食べるものはといえば 陽も陰も何でもありだし
新しくは 中庸の玄米を食べるようにもなった。
ふれ幅が大きいのが難ありですが
あまり深く考えない。 

自分なりにゆるく できる範囲で。
まず1年 3年 7年 そして10年。
細々とでも続けること でしょうか。

トラックバックURL : http://jastyle.exblog.jp/tb/11635741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Jasmine_style | 2010-07-28 10:35 | 日々のくらし | Trackback

L♡ve is All You Need.      Que Sera *Sera ♪                            --From Hiroshima--


by Jasmine
画像一覧