『 樹々は生きている 』


d0098183_13050010.jpg



ウッドワン美術館にて。 序章、冬。「凍結がすべてのはじまりにある」。 芽吹きの、春。「樹は目を醒まし、水を飲み始める」。 いのち輝く、夏。「樹は新芽を出し葉先をひろげる」をへて、秋。「木々は色彩を、大地に放つ」。 そして、再び冬 へ...  脚本家 倉本聰さんの100点に渡る点描画の世界。 ゆるやかに流れる自然界の営み、そして樹々の語らい、時に独白を通して 四季を巡る ひとときでした。 




    



↓ポスターの点描画《無題》(部分)2016年。 鹿と老木。この世に別れを告げる前に、森の老木にひとしれず挨拶に来た情景の一部です。   脚本家の目を通した点描画という手法で わたしたちに伝わってくる物語。    マルシャークの 『森は生きている』を読みかえした、この夏。 点描画に、十二の月の精たちがかくれんぼしている? なんて自分なりの幻想をくわえてみるのも、また面白い。    



d0098183_18093379.jpg



女鹿平。スキー場。このロケーションにある小さな美術館だからこそ、こういった自然を題材にした企画展がさらに輝きをましますね。   

意外なところでの収穫は、展示室のところどころに採用されていた木のデザインパネル。いい味をだしていたなぁと。 ちょうど↑の作品もそのパネルに掛けてありました。 ウッドワンのオリジナルの〔デザインウォール〕だそうで、カタログを戴いて帰ってきました。 



d0098183_18134820.jpg



敷地内の「カウリの株」。 6月にスケッチなさったというカウリ2作品が追加公開されています。


d0098183_18175608.jpg


新館にも立ち寄り、ガレやマイセンほか収蔵品を堪能。 アール・ヌーヴォー ! 目の保養をさせていただきました。


ウッドワン美術館  

『 樹々は生きている 』  倉本聰 点描画展  2017年6月16日ー8月20日
トラックバックURL : http://jastyle.exblog.jp/tb/25324182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Jasmine_style | 2017-08-15 11:11 | 感動するもの | Trackback | Comments(0)

L♡ve is All You Need.      Que Sera *Sera ♪                            --From Hiroshima--


by Jasmine
画像一覧