カテゴリ:安芸路~酒蔵巡り( 4 )

酒蔵巡りvol.4 仏蘭西屋編

芳醇で甘口と称される 
東広島は 酒都 西条のsake。
仕込み水となる伏流水の源は龍王山より。
そんな 西条で 不定期&恒例の <アスパラ会> は
ボランティアガイドさんと共に歩く 酒蔵巡り から。
よろしければ こちらでご一緒に巡ってみませんか。

酒蔵巡りvol.1 風物詩編→
酒蔵巡りvol.2 そぞろ歩き編→
酒蔵巡りvol.3 番外編→


d0098183_1050498.jpg
峠下牛ホホ肉の日本酒・赤ワイン煮込み

賀茂鶴の日本酒&フランス産の赤ワインをたっぷりと使った
<美酒煮込み>  
もう最高です トロトロ
峠下牛は 広島県竹原産とのこと



どのお料理も 色がきれい。
少しずつだけど お野菜だけでもサラダに11種。
クレープ包みのスープは 中もたっぷり具沢山。
レトロな器との組み合わせが素敵でした。
d0098183_10503338.jpg
古いものと新しいもの
レトロとモダン

なかなかセンスのいいフレンチランチですね♪
お料理の詳細は
grikoさんのblogに詳しく紹介されています♪ 2009/2/10→ 

酒粕パンプディング
大好きな <賀茂鶴 大吟醸>の酒粕を使った贅沢デザート
藍の器との相性 Good!
おみやげ物やさんでも 藍が美しい小谷焼きの鉢がお手ごろ価格でゴロゴロと...
d0098183_10505588.jpg


本来はここでランチ会をしようという目的で 始まった企画でしたが
おかげさまで
酒蔵巡りや雑貨屋さん巡りのおまけがついて 
お天気にも恵まれ 楽しい一日 でした。

時代薫る西条の酒蔵めぐりコース 

賀茂泉では 酒泉館にて 染色の体験もできるそうだし
途中のおみやげ物屋さんでは
ブルーの染色も美しい小谷焼の鉢に一目ぼれ。蘭を植え替えたら素敵だろうな...
また 訪ねてみたいと思いました。

<おとなの遠足> これにて おひらきです。
お付き合いいただきありがとうございました。



d0098183_10511657.jpg


仏蘭西屋
広島県東広島市西条本町9-11 
お2階では 名物<美酒鍋> がいただけます
by Jasmine_style | 2009-02-13 11:00 | 安芸路~酒蔵巡り | Trackback

酒蔵巡りvol.3 番外編

芳醇で甘口と称される 
東広島は 酒都 西条のsake。
仕込み水となる伏流水の源は龍王山より。
そんな 西条で 不定期&恒例の <アスパラ会> は
ボランティアガイドさんと共に歩く 酒蔵巡り から。
よろしければ こちらでご一緒に巡ってみませんか。

酒蔵巡りvol.1 風物詩編→
酒蔵巡りvol.2 そぞろ歩き編→



d0098183_931945.jpg
福神井戸  
賀茂鶴酒造


龍王山より長い年月をかけて岩盤の下までたどりつくという伏流水
それぞれの蔵元の仕込み水が 蔵めぐりの道中 頂けます。
車を止めて チャリで 徒歩で...
ペットボトルや大きな容器持参で
仕込み水を頂きに来られています。


<賀茂鶴酒造>福神井戸の土蔵壁
d0098183_931307.jpg

↓左<賀茂鶴 酒蔵通り 甑(こしき)>米を蒸すための桶 杉材   
                            ↓右<賀茂泉酒造 次郎丸井戸>
d0098183_9315126.jpg

↓左<亀齢酒造  万年亀井戸>
女酒といわれる西条の酒の中でも辛口の亀齢酒造さんは このお水から
酒粕を原料にした美肌石鹸を買って帰りました

                             ↓右<西条鶴酒造   江戸天保井水>
d0098183_9321294.jpg

<白牡丹酒造 四日市冥加の水>
こちら地元の方はチャリでお水を 
ありがたい名前の名水
d0098183_9322792.jpg



メンバーのM子さんがペットボトルをご用意してくださって
感謝です~
おかげさまで <賀茂鶴 福神井戸>の仕込み水をいただいて帰りました。

美味しいです !! 


vol.4  いよいよお楽しみのランチ編 

by Jasmine_style | 2009-02-12 09:38 | 安芸路~酒蔵巡り | Trackback

酒蔵巡りvol.2 そぞろ歩き編

芳醇で甘口と称される 
東広島は 酒都 西条のsake。
仕込み水となる伏流水の源は龍王山より。
そんな 西条で 不定期&恒例の <アスパラ会> は
ボランティアガイドさんと共に歩く 酒蔵巡り から。
よろしければ こちらでご一緒に巡ってみませんか。

酒蔵巡りvol.1 風物詩編→ 


d0098183_18552544.jpg

亀齢酒造
広島県東広島市西条本町8-18

長寿と繁栄の願いがこめられた老舗
家紋は一文字に三ツ星。 
三本の矢の毛利家と同じく 戦国武将の流れをくむ家紋ですね...
その下には <水>  こちらは 火災除けとか。
白い壁と黒なまこが一段とまぶしい キレイ酒造



d0098183_18554769.jpg




くせのない一流どころのお酒がいただける<賀茂鶴>にて
気前よく 試飲させていただいたのち
さて さて あたりを散策しながら   蔵から蔵へと 渡り鳥

<賀茂鶴> 酒蔵通り
d0098183_18561240.jpg

<賀茂泉> 純米酒一筋。 酒泉館にて立春に蔵出しされたばかりのお酒を頂きました
d0098183_18563447.jpg

<西条鶴> レトロなステンドグラスに 鶴さんが
d0098183_18565261.jpg

<福美人> 歴代総理の「国酒」 宇野宗佑氏の筆が目を惹く どの方も個性的...
d0098183_18574689.jpg

<白牡丹> 白牡丹を愛飲していた棟方志功作 力強い牡丹   酒車をひいた石畳
d0098183_1901719.jpg


d0098183_18582525.jpg
酒蔵巡りはお足元にもご注目 ! マンホールの蓋に目が...
東広島のシンボルが詰めこまれたデザインだそうで
ガイドさんによると
花=アザレア 木=松 ペンに鉛筆=広島大学他 ひひ=ひがしひろしま
そして 数字は...
マンホールの耐荷重t ですって。
誰もわからなかったわ。
足元だけではなく 見上げた屋根瓦にも 見どころが...

すべて
ボランティアガイドさんに教えていただきました。
忘れないうちに。

本来 東広島は 2月の今ごろ 雪景色...のはず。
そうなるとまた 風情のある佇まいの中の散策だったことでしょう。
(寒いけど)

おのおの方
試飲しながら あれこれとお土産に。
<白牡丹>でも<賀茂鶴>でも まだまだ買いたかったけれど
道中を考えて <賀茂泉>と<賀茂鶴>の厳選2本をお持ち帰り。
いつの日か 飲んだあかつき 吟醸バトンにてご紹介いたします~
蔵元さんでしか買えないものもあるので check。

その時の詳細は 
メンバーで 私と同じく<アスパラ会>出席率100%
素敵なgurikoさんのblog で (更新早いです!! 
ワタクシオソイデス
2009/2/9~2/10→ 



vol.3  へ

by Jasmine_style | 2009-02-10 19:10 | 安芸路~酒蔵巡り | Trackback

酒蔵巡りvol.1 風物詩編

芳醇で甘口と称される 
東広島は 酒都 西条のsake。
仕込み水となる伏流水の源は龍王山より。
そんな 西条で 不定期&恒例の <アスパラ会> は
   <アスパラ会>→  
ボランティアガイドさんと共に歩く 酒蔵巡り から。
よろしければ こちらでご一緒に巡ってみませんか。




d0098183_10461655.jpg
賀茂鶴酒造  杉玉  
広島県東広島市西条本町4番31号
MAP





JR山陽本線 西条駅に降り立つと
広島大学へとつながるブールバールが広がり
美しい街 !!
東方面へ歩いていくと
見えます みえます 赤レンガの煙突が 何本も...
土蔵造りの酒蔵  白壁に黒なまこが印象的。

<福美人酒造>一番高い煙突は25m↓       <賀茂鶴酒造>↓
d0098183_10551548.jpg
d0098183_10553167.jpg


酒蔵めぐりのはじまりは
広島で一番好きなお酒 <賀茂鶴酒造>に。ワクワク
軒先につるされた <杉玉>は見上げるとほれぼれするほど美しい。
酒蔵の中には <酒の神様 三輪神社(奈良)>の杉玉が神々しい。

緑色の新しいものがつるされると
新酒ができたことを告げるしるしとか。
↑の蔵は 出来立てですね♪

青々とした杉玉が 新酒と冬の到来を知らせてくれ
緑から茶色に変わる頃 お酒も同様に熟成していくのでしょう...

色々な色に変化した 杉玉に出逢えます。
同じ 賀茂鶴酒造でも 蔵によって
杉玉の色もまた 様々。
軽トラ 1杯分もの杉を使うそうです。
と同時に 酒蔵には神様との結びつきを感じさせる佇まいがあります。



二号蔵新酒貯蔵室<賀茂鶴酒造>↓          酒蔵見学開放<賀茂鶴酒造>↓
d0098183_10354467.jpg





酒の神様 三輪明神<賀茂鶴酒造>↓     仕込湯気が...八号蔵<賀茂鶴酒造>↓
d0098183_1036199.jpg




<賀茂泉酒造> 酒泉館↓                   <白牡丹酒造> 迎賓舎↓
d0098183_1029505.jpg





もぅもぅと 仕込み湯気が立ち上がり
思わずその湯気に向かって駆け出したくなる。まさに冬の風物詩。
d0098183_10464185.jpg



vol.2 続く

by Jasmine_style | 2009-02-09 11:28 | 安芸路~酒蔵巡り | Trackback

L♡ve is All You Need.        Enjoy, Dual♡Life            Que Sera *Sera ♪                            --From Hiroshima--


by Jasmine
画像一覧