<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

色を楽しむ 食も楽しむ

先ごろ 桜ならぬ 我家の
Lilacライラック
が 満開になりました☆
d0098183_9452160.jpg

一房のなかに 紫陽花のような十字のお花がいっぱい。
d0098183_9453652.jpg

香りもエレガント。
花の持つ遺伝子 って凄い。
虫にやられることもなくて 手がかからないのをいいことに
ほったらかしなのに
植栽後 10年を過ぎた頃からの成長が著しい。

水あげの悪さはピカイチですが
花房を手折って 新鮮なうちに
香りを楽しみましょ。
さくら色を
楽しみましょ。

◇◇◇

"桜のフェトチーネ"
d0098183_9505923.jpg
ほんのり桜色に
ホタテと旬の蕨 クリームソースがよくあい
ボーノ ボーノ!

イタリアンダイニング

"Soggiorno" ソッジョルノ 

広島市中区小町1-20 今井広島ビル1F
℡ 082-545-8060
Lunch/11:30~15:00(L.O 14:00)
Dinner/17:30~22:00(L.O 21:00)
定休日:なし
P: なし 近隣に有料コインパーキング

ロフトにゆるゆる回るファン
陽気で晴れやかな イタリアンmusic
居心地のよい空間で
行く春を惜しむ 桜かな

◇◇◇

やわらかいクリーミーな色は

コンフィチュール

松江にて お土産を買い込んでお会計。
目の前のショーケースに並ぶ コンフィ
キャラメル ミルク との文字に
ハッと目が覚めた。
(大好きなんです! キャラメル)
これは ちょっと自分用に と
一つ買って帰ってみました。
d0098183_10102320.jpg
ジャムとは ちょっと違う クリーミーな コンフィチュール

もう とろけるように美味しい。
コーヒー や アイスクリームに トッピング 
トーストに塗っても最高!
あっという間に 一人で食べてしまいそう。

う~ん かなりやばいぞ(´・ω・`)

地産池消
キャラメルコンフィに使われているは
木次乳業直営の奥出雲*日登牧場のミルク。  
かわゆいモーモーちゃんたち
おいしいミルクをありがとう
そんなことを考えながら

次なるねらい目

生姜のコンフィ。

コンフィの中でもイチオシ ということ。
出西(しゅっさい)生姜 はまた色が鮮やか。
エキスがたっぷり入っているらしい!
身体を温めたり 喉によい作用のある 生姜。

次回訪問時のお楽しみ♪ なのです。


KÄnoZA    菓(火)の座

島根県松江市朝日町伊勢宮472-2・シャミネ食の専門館
℡ 0852-26-6506

鳥取県米子市淀江町佐陀1605-1
℡ 0859-39-4111

by Jasmine_style | 2008-04-28 10:55 | おいしいもの | Trackback

とっとり花回廊~開園9周年

d0098183_10275354.jpg


とっとり花回廊


訪れた 4月18日
d0098183_956226.jpg
この日は
ちょうど 開園9周年 だったそうです!
フラワードームの向こうには
本来 ドド~と 大山が見える…はず
絵になるだろうな~ 


そう 一週間前のことなのですが
関東地方も凄かったという
大雨…

勿論 ここは山陰 米子 の奥
"弁当忘れても 傘忘れるな" という 格言(?)
ワタシの辞書にはなかったお言葉 を
教えていただいたとおり
本当によく降るな という印象。


フラワートレインに乗って
d0098183_9572540.jpg

まずは園内一周。
オランダのキューケンホフガーデンを模した区画に目を奪われつつ
車窓から 園内を眺める20分の旅。

メインゲートから 少しばかり傘をさして歩いてみる。

人の手による作られた造形と
自然にあるべき姿を映し出した空間と


たくさんの チューリップムスカリ がお出迎え

d0098183_9575548.jpg


これでもか って ぐらい!
園内10万本植わっているとか^◇^
d0098183_1005076.jpg




給水システムがバッチリの 
ハンギングバスケットの回廊
d0098183_10110100.jpg


チューリップの球根を埋め込んだのね♪
春を楽しむ 
ハンギングバスケット
d0098183_1015181.jpg
d0098183_1055218.jpg


キューバ原産
テイキンザクラ
d0098183_1032863.jpg


ヤマナシの花
鳥取県日南町からお引越ししてきた樹齢100年を越す古木
d0098183_1034635.jpg


"展望喫茶Haruka"では
チューリップのレアチーズケーキタルト

Roses herb tea
d0098183_942159.jpg


チューリップエキスとローズパワーで
寒さから復活したあとは
雨がどんどん吹き降りになってきたので
全天候型の回廊から 園内を見渡しながら
徒歩で一周。全行程1km。

丘のところどころ
ユリの芽が出ているのが見えました。
とっとり花回廊のメインフラワーは ユリ とのこと。
咲きほこる頃
あの素晴らしい香りが園内 あふれることでしょうね。
by Jasmine_style | 2008-04-25 10:31 | 伯耆路 | Trackback(1)

古代ロマン

出雲大社 
仮殿遷座祭 


この日4月20日の夜には
仮殿遷座祭として 大国主命さまのご神体が みこしに乗せられて
仮殿に移される日

59年ぶり

とのこと。
d0098183_12414140.jpg

すでに20日 午後は
参拝もここまでしか入れない状況。

八足門でのかしわ手もこの時ばかりはできず
警備員の方たちがいて いつもと違う。

あれだけの神職の方たちを見たのは初めてです。

大国主命さまのお住まい
本殿内部の一般公開も59年ぶり
勿論 内部の撮影は禁止されているので
その場で見ることができれば ありがたいことではありました



一日違いで ご本殿の内部を訪れることはできません (T_T)

なんともいえない ちょっといつもと違う緊張感の中
参道をあとにしました。
d0098183_1242948.jpg

d0098183_1247236.jpg
こちらのご本殿屋根の60万枚の檜皮(ひわだ)のふき替えが
終わるころ
どんな表情になっているのでしょうか。
5年後もきっとこの場に立っている(と 思う)でしょう...


特別拝観期間

・4月21日(月)~4月23日(水)
・4月26日(土)~5月6日(火)
・5月13日(火)~5月18日(日)
・8月 1日(金)~8月17日(日)

◇-◇-◇


出雲大社から桜並木を通って

前回
「幻の染色」を観た 古代出雲歴史博物館
d0098183_12425672.jpg

八雲山あたりまで見渡せる カフェ 「阿礼」 があります。

勾玉か
陰陽の文様か
そんな器で 「古代米入り薬膳カレー (柿酢ドレッシングのサラダ)」
d0098183_12432289.jpg
とっても甘口の身体にやさしいカレーでした。

古代米
春ウコン 紫ウコン
お米
大根漬け
柿酢
菜種油


すべて出雲地方の産地名と生産者の氏名が明記されて
まさに地産池消。
刺激のあるものに慣れてしまった身体には
もの足りなさを感じつつも
出雲で採れたものばかりを使った 
とことん身体に良い素材。
古代ロマンを感じながら 
のんびりした時が流れていました。
by Jasmine_style | 2008-04-23 12:51 | 出雲路 | Trackback

御衣黄 in 三刀屋

4月17日 小雨

三刀屋のソメイヨシノはすでに葉桜。
ソメイヨシノの間 ところどころに植えられている 
御衣黄(ぎょいこう) は これから!
島根県雲南市の広報によりますと・・・
今年の御衣黄の開花日が 前日の16日。

肌寒く
小雨にしとしと濡れた 御衣黄は まだまだ
かたい蕾も
d0098183_10415982.jpg


うつむき加減
わずかに開いた花を見つけては
ハッとする上品さ。
クリスマスローズみたい。
d0098183_10422796.jpg




しっとりと濡れたうすみどりが また風情があり
しばし感激。
d0098183_10425478.jpg


◇◇◇


4月20日 快晴

広島への帰り
立ち寄ってみました。
まだ満開の報は聞こえてきませんが その日も近そう!
ちょうど満開!の報が出ました 4月21日 PM12:00)
d0098183_10431324.jpg


連日の雨もやみ快晴。
お日さまのお蔭か
一気に開花してくれたのかも。

よく見ると クリーム地に薄緑の斑入りといいましょうか 
縞が入っているといいましょうか
遠目に見たらきっとわからないほど
景色に同化してしまっています。
雨の中 風情ある表情もよし
風そよぐ川面に浮かぶ 
ポンポン咲きの満開の うす緑もよし

初めてのご対面が
まさか今年実現するなんて!
感謝したいことがいっぱい~

幸せ気分で 帰路につきました。
by Jasmine_style | 2008-04-21 11:27 | 出雲路 | Trackback

眼精疲労治療室 より

雨模様
スズランもライラックも 遅咲きのチューリップも
そろそろ開花しそう。
d0098183_155268.jpg
ふと見上げると ライラック の花つきが凄い!

d0098183_15523972.jpg

d0098183_15525117.jpg
この雨が 催花雨となるかも。

◇◇◇


一方
ワタシの目は曇り空
最近 コンタクトも目の調子も変…
花粉症は終わったのに。
左目は明らかに今朝起きたらメボ(泣;
何とか だましだまし メガネと併用しながら
暮らしてきましたが
やっぱり 旅行に出る前に 診てもらおう。


まずは検眼。
度数も変わらず ド近眼のままで ホッとした(笑)
最近 パソコンしすぎだし
目が悪くなったかと思っていたし…

そして 肝心の症状。
問題は メボとは違う目の方。
目の奥上のほうに異物感があって 
アイボンでも何も取れないし 
目をひっくりかえしても見えないし
いじっているうちに 充血してきた。
以前にもこんなことがあって
まつげが奥から出てきたので
もしやと思って。
やっぱり。

しかもかなりひつこく取れませんでした。
目を麻痺させるお薬をさしてから 横たわっている間に
取ってもらうので
痛くはありません
目の奥のポケットに入り込むと 自力ではなかなか取れませんね。
しかしまつ毛でよかった。
ひょっとして ワンデーの破片だったらどうしようかと。
以前 知らぬ間にコンタクト(ワンデー)が破れていて
破片が残ったまま 知らずに過ごしていました。
使い捨ては薄いし破れやすい。
トラブルが多いので
コンタクトユーザーの皆さん お気をつけて。



やっと取ってもらって
楽しみにしていた

眼精疲労治療室
へ。
こちら
沖本眼科 さんでは
先生はじめスタッフもすべて女性なので
とっても行きやすい+α の
サービスで曇り空だった眼も リフレッシュ。


アロマの香りが漂い 音楽が流れる 薄暗い癒しの空間。
大体 20分ぐらいの施術でしょうか。
今月(今週)は ラベンダーの精油 と モーツアルトの弦楽。
もうこれでもか というぐらい 丁寧な説明を聞きながら
マッサージチェアに身体をしずめて 全身をほぐしてもらいながら
目の洗浄 ホットパック ツボ押し コールドパック 低周波 点眼 と
受けられます。

こちらは病院なので
単独ではこの癒しの治療室に入れませんが
何らかの目の症状があって
先生の 診察を受けてからなら 可能です。
ということで
エステではなくて 保険適応の癒しの空間です。

かかりつけの方など月1の診察で 
この治療室に入れるので
ちょっとお昼休みに来られている方もいるようです。

私は といえば 調子の悪い時だけ。
でも 診察に行けば
必ず寄る 癒しの空間。


これで明日からまた
クリアな視界で スタートが切れそう!
by Jasmine_style | 2008-04-16 17:17 | 日々のくらし | Trackback

春のグリーンフェア 2008

恒例の
「広島市中央公園春のグリーンフェア」

先週末~始まりました。
広島市中央公園にて ~20日(日)。


*無料講習会
19日(土)AM 雑貨でガーデニング
       PM アルミ缶クラフト
20日(日)AM ハーブ
       PM バラ

*有料講習会(事前にお申し込み)
14日(月)ハンギングバスケット
15日(火)おしゃれなバスケットの寄せ植え
16日(水)木製の和風ハンギング
17日(木)ハンギングタブロー
18日(金)草花盆栽


残念ながら今年ハンギングの出展はできませんでしたが
会場一角にハンギング展示コーナーが完成した様子を
教えていただきました。
素敵なコーナーができています!

☆お散歩がてら お運びください☆

◇◇◇

小さな春 みつけ

葉桜になりそう (広島城)
d0098183_9215822.jpg


散歩中出逢った
つくし
群生していました (出雲)
d0098183_992668.jpg


道端のスノーフレーク
d0098183_8501112.jpg


出雲大社 
神々のお宿となる十九社(じゅうくしゃ) 門前に咲く
スミレ
d0098183_951365.jpg


中国山地を山陰から山陽への帰路。
マイカーはひと足お先にご帰還で
ワクワクして
はじめて乗ったバスは みこと号。

はじめて目にした
三刀屋の桜 
斐伊川沿いの 桜並木
中国山地の山郷に咲く桜

そして 広島も市街地に入ると 見慣れた風景

平和公園
本川沿い河川敷に咲く桜
広島女学院の桜並木
いつもの春が出迎えてくれて

桜の下でお弁当という 例年のお花見ではなかったけれど
バスからのお花見も なかなかです。

三刀屋の 御衣黄 (緑がかった花の珍しい桜)は
これからだとかで
見たことのないワタシ
ちょっと週末楽しみです♪
by Jasmine_style | 2008-04-14 10:00 | ガーデニング | Trackback

Stay in 出雲~羽根屋

今回の 出雲蕎麦編 ~も第三弾。
もう少し お付き合いください

「献上そば 羽根屋本店」
d0098183_2028584.jpg

住所 島根県出雲市今市町本町549
営業時間 11時~20時
定休日 なし
P 有


こちらはすでに行きつけ^^
うどん食いにとっては
もさっとしたお蕎麦より つるつる喉越しのよさがポイント↑
とにかく また 食べたい と思えるお蕎麦と出汁です。
大正天皇に献上されたところから
献上そばの名前がつき 当代当主は11代目だそう。

JR出雲市駅から 散歩しながら行くにはちょうどよい道のり
車なら 駐車場も 道路をはさんだところに。

羽根屋のマークの入った わりご椀
割子そば3段の定食 を手始めに
d0098183_20292026.jpg


ちょっと肌寒かった日には
鴨せいろ

子供が頼んだ
割子に親子丼セット が 次なる狙い目。
お蕎麦だけでなく
こちらの親子丼がまた美味しいらしい。


そして もう一つの 「羽根屋」さん。
羽根屋本店から車で10分足らず  
出雲伝承館
出雲ドームを遠く右手に見ながら出雲大社へ通じる道路からは
「そば縁」 の 看板が 目立ちますが
実は
伝承館の奥 左手には 旧江角邸のお屋敷を見学しながら
奥へと導かれたところに
羽根屋さんの支店が! 

「献上そば 羽根屋伝承館店」 
d0098183_20295964.jpg

住所 島根県出雲市浜町520
営業時間 11時~16時30分
定休日:毎週月曜日 祝日の翌日 年末
P 多数可能(大型バス駐車可)


広い敷地の中 やっと見つけた
隠れ家のようです。

平日の雨の日
お店は 私たち家族で貸切状態でした。

こんな素敵なところで 雨に濡れる和の庭園を眺めながら
お蕎麦がいただける贅沢
大好きなスイセンがいけられてのおもてなし  心あたたまる。
d0098183_20303257.jpg
d0098183_20305347.jpg


ワタシが頼んだのは  

「そばづくし」

石臼挽き蕎麦
d0098183_20312252.jpg

そばがき
d0098183_20314285.jpg

梅とろ 温かいお蕎麦
d0098183_2032052.jpg


あれもこれもをいちどきに叶えてくれる
始めて そばを堪能した  と 思えた 瞬間。

羽根屋さんらしいツヤツヤのおそばが出てきて
そのあと ワサビが添えられた できたてのそばがき。
職人さんが 練り上げている姿が チラッと見えて
出来上がりが楽しみでした。
これまた絶品!
最後に
あたたかいのでも つめたいのでも 選べるメニュー
2月 冷え込んでいたその日は 温かい梅とろ。

食べるペースをにあわせて
次が出てくるという 寸法。
しかも どれもちょうど良い。
ちょっとした 出雲蕎麦のミニコース。¥1300

もちろん 本店でもいただけるメニューですが
女友達と蕎麦巡りするなら
庭園の見える 絶対こちらのお店がいい!(と 思った)


こちらでは
蕎麦湯も最初から供され 底には 梅干。

*おまけ画像    割子五段!はいかが?
d0098183_20322551.jpg


帰り際

感謝の気持ちを言葉にしたかったけれど
本当に感動している時 って 
ごちそうさま では 足りないような気がして
一言も言えなかったり。
厨房に一瞥一礼。


ちょっと(?)前の話しです。
一つ山を越え ひと息つけた合間
ちょうどワタシのお誕生日の ささやかなお祝いにもなり
忘れられない日 となりました。

◇◇◇


出雲蕎麦編はひとまず これにて。

ワタシも まだまだ行脚し 
讃岐うどんのようにキャパを増やしたいと思っております(^_-)-☆

な~んて
今週はまた出雲の人 です。
by Jasmine_style | 2008-04-13 21:07 | 出雲蕎麦行脚 | Trackback(1)

Stay in 出雲~割子蕎麦編2

「そばの加儀」
住所 出雲市今市町635
営業時間 11時~15時
定休日 木曜
P 一台

玄関先に そば守観音 さま がある ということで
探しながら 散策。
出雲のひなめぐりや地元の春祭り 桜祭りだったために 街はにぎわう。
d0098183_13292619.jpg
d0098183_13295584.jpg
d0098183_13305256.jpg
お雛の展示をされているギャラリーの方に道をお尋ねして
ようやくたどり着きました。ありがとうございます。

d0098183_1353324.jpg
お尋ねしなければ 入らないような路地。
地元の方が行きかう生活道。

すっかりそば守観音さまのことを忘れて
お蕎麦 お蕎麦♪
味わいのある店内。外観からすると 蔵のよう。

やっぱり割子3段を注文して待つこと数分。
どうやら 今日 はじめてのお客だったようです。
d0098183_13314334.jpg

これぞ出雲蕎麦 というような 独特のもさっとしたお蕎麦。
茹でたてで 蕎麦湯にはお葱が入っていました。
この唐辛子が 結構効いた。

冷たいお蕎麦には ワサビ と思っていましたが
唐辛子も「荒木屋」 さんのもみじおろしもよく合います。

ご馳走様です。

で 帰宅して 思い出しました。

「そば守観音さま」 って?
d0098183_1332370.jpg


おそらく画像の石の像だと思われるのですが...
う~ん でも 違うような


...引き続き 蕎麦編 

キリがないので
〆は とっておき☆ 献上そばの 「羽根屋」 さんで!
by Jasmine_style | 2008-04-11 13:27 | 出雲蕎麦行脚 | Trackback

Stay in 出雲~割子蕎麦編1

...出雲大社を出た足で 目指すは
大社町のお蕎麦屋さん!

大社の町家は 格子戸がまた雰囲気があって
d0098183_1018158.jpg
家々に小さな花入れがかけてあり
自分のための花というより 道いくほかのだれかのための花かざり
とても素敵なホスピタリティに
ホッとひといき。


簡単な地図を頼りに
ほとんど誰にも会うことなく
散策しながら
d0098183_10182385.jpg
ようやく 蕎麦の文字らしき
そして 人影も。


荒木屋
住所 出雲市大社町杵築東409-2
営業時間 11時~17時
定休日 水曜
P あり
d0098183_10184331.jpg


暖簾をくぐると
どこから集まってきたのでしょう
人でいっぱい。

早速 割子三代そば ¥1060 にしましょ♪
d0098183_1019474.jpg


随分とお蕎麦を食べ歩いたつもりでも
割子の頂き方を ここ荒木屋さんで教えていただきました。

一段目 のの字にお出汁をかけた割子をいただいたら
椀の残りだしを 順送りにして 次の割子に下げ
そして 出汁を足す・・ の繰り返し。

一段目の 月見が
d0098183_1019318.jpg
二段目の とろろにからまり
d0098183_10195087.jpg
三段目は月見とろろに 葱 もみじおろし 海苔 が ミックス。
一段一段頂いていたときよりも
順送りのほうが
どんどん美味しくなるのでした。


ちなみにこちらでは
割子四代(四段)は 三代に+なめこおろし
割子五代(五段)は 四代に+天玉
そして
縁結びセット というメニューも。
二段割子 そば粉団子のぜんざい ご縁(五円玉)袋付き
だそう。

なんとも粋なメニュー!

お蕎麦も香りがいいけれど
蕎麦湯がまた濃厚。
甘い鰹のきいたお出汁を ちょっと入れて頂くと
最高でした。

◇◇◇


静かな大社の町家の反対側
参道側では
3月の訪問時 「八雲」さんで
割子を頂いてきました。
定食もあってメニューが豊富。

おそらく
20数年前も 入ったのは 「八雲」 だと。
そして ほど近く
日御碕に向かう途中
日本海を臨む 活魚料理のお宿を見た瞬間
「ここ 泊まったことある!」

「銀海」  
夫と海の幸をこれでもかと 堪能しすぎて
動けなくなったこと(食べ過ぎて)も 思い出す。
子供たちも生まれていなかった頃

次から次へと 思い出が蘇ってきて
何だか タイムスリップしたみたいな
出雲滞在です。

きっと古いアルバムのどこかに写真があるはず。
あまりの自分の変貌ぶりが怖くて さがさないでおこう...


さて さて 次なる Pick up

JR出雲市駅からほど近く 
でも 裏路地を入って 
足を使って探して たどり着いたは 

「そばの加儀」 さんへ...
by Jasmine_style | 2008-04-10 10:32 | 出雲蕎麦行脚 | Trackback

Stay in 出雲~出雲大社編

ご縁あって
出雲に10日ほど滞在していました。

来るたびに人も町も好きになっています。

まずは
出雲蕎麦といきたいのですが
せっかくの今の時期ですので 桜見物。

島根県立古代出雲歴史博物館にレンタカーを止め
導かれるままに
出雲大社西堀の桜並木を歩きながら 香りを胸いっぱいに吸い込み
一人 ふらりと散策。
ちょっといつもと違う道から 本殿へ。

本殿わきの桜も今がさかりです。
d0098183_1004923.jpg


八足門では 二礼四拍手一礼 も 板につき
2月のずっこけ が ウソみたい。

でも 今回は 団体さんのガイドさんがそばにいて

「みなさ~ん! シ ア ワ セ と 4回拍手してくださいね」
「シアワセ が 訪れますようにとね~」

雪の中国山地
みぞれ混じりの広島から 通行規制。
スタッドレスタイヤで
日本海側になんとかたどり着いたのも
また一つの試練。
わずかな期間には
みぞれの日あり 冬晴れの日あり 風に舞う日あり
そして
こんな 春の桜の季節にまた 
足を運べるチャンスをいただいたこと
感謝せずにはいられません。

大変なことも
こういった 一瞬の シ ア ワ セ と思える瞬間が あるおかげで
喜びも大きくなり
頑張れそう。

ガイドさん いいことおっしゃいます

八足門より本殿への参拝をすませ
階段をおりると...

今まで何の気なしに見ていた
赤い丸
d0098183_1043937.jpg

装飾かと思っていたら これがまた見当はずれ。


八足門をおりたところ 数箇所に
この朱印(ともいうべきもの)が 印されていますが

現在の本殿も24m と 大きな建築物であるのに
かつては その倍もの高さを誇る巨大な神殿であったということを証明する
巨大宇豆柱が出土したあとだそうです。
あとで訪れた古代博物館で実物を見ることができました。
d0098183_1128960.jpg

八雲山を借景にした お社が この二倍も なんて想像するだに
さらに近寄りがたい雰囲気をかもしていたのであろうな
などと いろいろ想像力をかきたてられたのでした。


平成のご遷宮で 大注連縄がとりはらわれた
拝殿
d0098183_10285996.jpg



戊子の絵馬を納め

今度は松並木を通って 戻りました。
サヨウナラ また 参ります。
d0098183_9572529.jpg


◇◇◇



大国さま(大国主大神)の 神話さながらの像が また
このような荘厳な場所で
ほほえましい。

あのお腹のまぁるい大黒さまと
オオクニヌシノミコト 大国さまとが 
何だか 変だ と 思いつつ
ごっちゃになっていた自分がはずかしかったり...


因幡の白兎
d0098183_956459.jpg

幸魂・奇魂を拝む大国さま
d0098183_957228.jpg



松並木の両脇にも 桜が

d0098183_10395287.jpg



松並木桜並木を抜けて

古代歴史博物館で「幻の藍染展」を見に行く前に
おまちかねのお蕎麦タイム♪

途中 竹内まりやさんの ご実家らしい 
老舗旅館 竹野屋さんを通り過ぎ
町家を散策しながら

大社の老舗蕎麦屋 荒木屋 さん を目指します...
by Jasmine_style | 2008-04-08 11:51 | 出雲路 | Trackback

L♡ve is All You Need.      Que Sera *Sera ♪                            --From Hiroshima--


by Jasmine
画像一覧