NEW POST

Ukulele Love ♡ Red Love

d0098183_08505559.jpg



5年日記。
前の年、8月に手にしたウクレレ。
1年たったんだな、としみじみ。
まったく放置状態の時もあれば

気が向くと とことん。

今は そのとことんの、時。
きっと4冊目の新しい楽譜を前に
新鮮な気持ちになっているからですね。

ソロ本1の 著者 佐藤雅也さんのセレクションが好きで
2も買ってみました。

大好きな「ビヨンド ザ シー」
「ロンドンデリーの歌」「ムーン リバー」も入っていますし。
ハワイアンの聴いたことあるある、の曲名も 1,2で覚えました。


you tube で師匠(佐藤先生)の試奏と
連動しているのも 助けになります。


教本は あまり読まずにいきなりやってみるから
とにかく構え方もなっていないし
自己流ゆえの 変な癖がついてしまっていますが

新しい刺激をいれながら ぼちぼちと、2年目。
Ukulele Love ♡




メロディ→伴奏→ソロの3ステップ方式で
ソロウクレレを誰でも弾けるようになる本2 (CD2枚付)

d0098183_11440321.jpg





さて
ウクレレと時を同じく Red Love のニュース
フランス、ブルターニュで開催された 赤毛の人の集まりです。
オランダでは Roodharigendag(蘭)「赤毛の日」とか。

こんなスペシャルデーがあったなんて。
と、同時に嬉しくもなる。
記事を読んでとても共感するところがありました。

欧米でも髪の色で 苦労することがあるなんて。
でも、ちょっと想像してみたらわかること。
『赤毛のアン』や コナン・ドイルにも出てくるし。



d0098183_16485695.jpg




中学生のころ。
セーラー服のリボンが
いかにかわいく結べるかどうか と、同じくらい
髪に関することは 重要ミッションでした。
ただ そういうことが好きだったということもあるけれど。

わたしは当時 髪が長くて
三つ編みにしたり
うさぎのように高い位置でくくってみたり
にあわなくて 今度は耳の下でくくってみたり。
きゅっと束ねると 濃く見えるのです。

太陽に当たると 余計キラキラして目立つから
逆光を避け 窓辺には立たない、とか。


英語の授業中
なにか理由があったかもしれないけれど
Y先生が突然 わたしの髪の色のことを話題にされて
皆の前で すごく褒めてくださった。

それはもう面はゆいほどだったということ、と
先生の真剣な表情に、びっくりしてしまったけれど
からかわれることのほうが多かった髪を
人前で褒められて 嬉しかったのです。


結局、おにいさんのような存在の Y先生とは
短期間のご縁だったのですが
自信をいただきました。

感謝しています。
おかげで英語は好きになったけれど
学業で褒められた記憶はなくて、




成長するにしたがい
世界は広がり 経験もふえ 図太くなり


明るい色の髪が
年とともに濃くなってきたような気もする。
そばかすは しみにとってかわられた。

染めつづけるとよくないよ、とのご進言に
いちいち生まれつきなの、というのも面倒で スルー。



髪を染めるなんて考えらず
今まで カラーとは無縁ですごしてきました。

ここのところ また違った意味で
明るい色になりつつありますけれど。
やっぱり自分の色が好きなんだと思う。

この機会に
ちょっと時間を巻き戻してみました。

自我が確立するころに
一つの個性として 認めてくださった先生の存在は
わたしにとって大きなものでした。

Red Love ♡



台風による 記録的な雨風が続いています。
どうか皆さま ご無事で。

トラックバックURL : https://jastyle.exblog.jp/tb/27089931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Jasmine_style | 2018-09-04 17:55 | 日々のくらし | Trackback | Comments(0)

L♡ve is All You Need.        Enjoy, Dual♡Life            Que Sera *Sera ♪                            --From Hiroshima--


by Jasmine
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30