NEW POST

長月、京都へ ~「吉田山荘」 「吉田神社」

d0098183_12022041.jpg


ご説明によると 古墳時代の銅鏡の背面文様が原形という
丸いステンドグラス。
玄関に柔らかい光をおとしてくれていました。
こちら 吉田山荘は 昭和天皇の義理の弟君
東伏見宮家の別邸として昭和7年に建てられたそうです。
縁どりの意匠に ゆかりの「フシミ」にも似た文様が。

ロマンティックな四つ葉と 琥珀色のロンデルにうっとり。


表唐門

d0098183_13544554.jpg



アプローチから わくわく

d0098183_10485329.jpg



奥の間  しだれ桜が正面に

d0098183_13445058.jpg


女将さんの和歌の短冊、それぞれに。
あまりに素晴らしくて ... 解説があって ほっ
「紫の雲に紛へる菊の花濁りなき世の星かとぞ見る」
「菊の露わかゆばかりに袖ふれて花のあるじに千代はゆづらむ」


d0098183_14391023.jpg




先付は 重陽の節句にちなみ 菊花豆腐にいくらをあしらったもの。
お酒は  生原酒 冷酒「京古」をいただきました。
素敵なグリーンの🍷で。


ちょっとしたお祝いでしたが
おめでたい器に ... ということで !


造り 鯛重ね造り

d0098183_14020198.jpg


葉皿料理 を楽しみました

d0098183_13502912.jpg



焚合 南京饅頭
あまくておいしいかぼちゃにほっこり。
中から鶏団子が出てくる趣向。
餡のお出汁がしみてしあわせ。

これで勢いがついたのか、
今回の京都、 お食事には必ず南瓜が登場するという。

d0098183_14030220.jpg


焼物 かますの編み焼き


d0098183_14185199.jpg


他、今年初の松茸ご飯もいただきました。



d0098183_14313063.jpg



おとなりの真古館へうつり café time
東に 大文字、北に 比叡。



d0098183_14331006.jpg



こうもりビスケット。 
幸運を運んでくださるそうですよ♡


d0098183_14363479.jpg



真古館からも 本館のステンドグラスがのぞめます。
なんてモダンな !

d0098183_14413966.jpg




ステンドグラスといえば 数年前のこと。
気に入ったアンティークのステンドグラスには
彩色とロンデルがあり
いざつけるとなると どちらが表か、裏か。 
室内に向けるか、外側に向けるか。

色々な意見や見方があることがわかり
結局、どちらでも好みで いいということになり ...
それ以来、ステンドグラスのお宅を見かけると
観察してしまいます。

吉田山荘(旧東伏見宮家別邸)を拝見して 居室と玄関の「フシミ」の向きで
とても興味深いなぁと思うことがありました。



d0098183_10362987.jpg



こちらに伺って本当によかったです。
お料理も おもてなしもですが
総檜づくりの重厚な建物で 随所に 皇室ゆかりの裏菊紋を目にし
邸内の雰囲気を味わうことは
何ものにもかえがたいものがありました。



d0098183_18180821.jpg



ちょうどわたしたちの 奥手にみえているのが 丸いステンドグラスです。
居室の窓上にも 文様のステンドグラスがはめこまれています。

d0098183_13375891.jpg



こちらが表、と伺いました。

d0098183_14495508.jpg




d0098183_14505194.jpg


真古館 外観

d0098183_16093154.jpg


真如堂もほど近く。
申し分のない静かな環境です。

吉田山荘 京都市左京区吉田下大路町59-1
café SHINKOKAN 真古館





大雨の広島を脱出して 無事、京都入り。
吉田山荘でのお昼ご飯のあとは 吉田神社へ。
位置関係がわからなかったのですが
仲居さんに道を教えていただき
左→左→直進を合言葉に
吉田神社の大元宮がすぐそこで なんてありがたい !


こちらの千木や鰹木は独特です。
昨秋おたずねした宗像大社 中津宮でも同じものを拝見し
「京都・吉田神社」にならい、と伺いました。
あの時はあまりの偶然に びっくりでしたが。


八角形のかやぶきに 六角形の大元宮。
このたびの台風で 借景が変わっていました。 2017年2月

d0098183_16440450.jpg

お社が無事だけでも幸いです。
この手前でも 大木が根っこから倒れていました。

鎮守の森も大変な被害で
胸がいたみます。


d0098183_16570175.jpg


菓祖神社鳥居  前回はこちらから山頂にもあがりましたが ...

d0098183_16570502.jpg



それぞれが お礼参りと 祈願。
わたしは このたびも 父の健康長寿を祈って。
こちらはご神職の方もしたしみやすく
すがすがしい境内 訪れるのが楽しみな神社でもあります。


d0098183_17020840.jpg

ご祈祷いただいたあと
しばし、ご神職とお話しを。
西日本豪雨に対するお見舞いのお言葉をいただき
また、京都も 旅のほんの数日前に起こった台風被害の
お話をお聞きすることができました。

d0098183_17024277.jpg

風がとにかく凄かったようで ...
大阪の親戚も被害に遭ったのですが
やはり風によるものでした。

京都も各所、大変なことでした。
今回の旅では、どちらから来られましたか?という会話につづけて
お互いを見舞うという場面が 何度かありました。
先の 吉田山荘でも ...


d0098183_17030738.jpg

氏子さんはじめ関係者の方々が
倒木を丸太状態に整理し 端に寄せ
お詣りしやすいようにしてくださっていました。
ニュースでも吉田神社の被害をみていたので
ここまできれいにしてくださって 御祈願に伺うことも叶い
ありがたく思います。



吉田山、神楽岡。
周囲には京都大学
重森三玲庭園美術館
そして、今回ご縁をいただいた吉田山荘。

真如堂はじめ、タクシーの運転手さんにも素敵♪情報をいただき
また訪れるのが楽しみになった神楽岡周辺。

夏やすみ前半
しばらく、長月 京の旅。 
ぼちぼち 続きます ...

トラックバックURL : https://jastyle.exblog.jp/tb/27105524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Сialis at 2018-09-20 11:44
タイトル : Сialis
長月、京都へ ~「吉田山荘」 「吉田神社」 : Que Sera *Sera... more
by Jasmine_style | 2018-09-13 18:00 | 山城路~京 | Trackback(1) | Comments(0)

L♡ve is All You Need.        Enjoy, Dual♡Life            Que Sera *Sera ♪                            --From Hiroshima--


by Jasmine
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30