人気ブログランキング |
NEW POST

寂地峡 イワカガミの花に逢う


d0098183_14002167.jpg



新緑が美しい季節。
五竜の滝の出発地点、竜尾の滝は涼やかな風が流れていました。
森林セラピーロードを歩いた翌日、ゆったり気分で訪れたのは
山口、広島県境の 寂地峡、五竜の滝です。
まったく昨年と、同じ日に 訪れていました。子どもの日。晴天なり。 

寂地峡 ~竜ヶ岳峡「五竜の滝」
寂地峡 ~「五竜の滝」から宇佐八幡宮
寂地峡 ~「犬戻の滝」で、〇に遭遇


登竜の滝  幽玄の森

d0098183_14083069.jpg



白竜の滝   せりだした滝見の場で撮影できます。水量が多い時は飛沫浴も。

d0098183_10060018.jpg



階段状の遊歩道を
滝の流れに沿って 上流へ。
滝口や滝つぼの様子もよくわかります。

d0098183_10081324.jpg



d0098183_19583625.jpg



竜門の滝   勢いのある滝口をまぢかに眺められます。かっこいい。


d0098183_14185405.jpg



竜頭の滝   右手の岩場も景観の一つ  伝説の寂地坊さんかな

d0098183_14122951.jpg


今回は滝を眺めたら折り返して降りる予定で
五つの滝を登り竜のごとく行きつ戻りつ。
ちょうどお昼頃でしたから 出会う人も少なく
羊歯の群生を眺めたり 自然観察も ゆったりできました。

d0098183_19544200.jpg


この子は ショウジョウバカマではないかと思います。
花がおわったあとも、緑の花のあとに緊張感が漂います。
葉にも特徴がみられます。 

d0098183_19113671.jpg



と、相方が見つけてくれた岩肌のピンクの花。

d0098183_18425612.jpg



イワカガミです !

d0098183_18444646.jpg



上流のほうにも

d0098183_18473584.jpg



鏡のような葉が名前の由来といわれていますが
岩場に咲く、一輪の花に出逢えて 幸せ
イワカガミの花の時期に間に合いました !

去年も歩いているのですが ... 滝ばかり見ていたんでしょうね


d0098183_10265059.jpg



木場トンネル下で折り返し 竜頭の滝から、上流から下流へ。
五龍の滝の出発点に戻ってきました。水音に癒され 岩場に降りてみました。
来たとき(11-12時ごろ)よりも 太陽が滝をスポットライトのように照らし
5月の滝めぐりには ちょうどいい時間帯だったと思います。(13時ー14時)


d0098183_19155503.jpg




日本名水百選
長寿・延齢草の雫、「延齢の水」をいただいてかえりました。
次、延齢草にも逢いに来てみよう。
わたしにはハードルが高いけれど
寂地山山頂周辺はカタクリの群生地でもあり
尾根続きで 県をまたぎ
吉和冠山(広島県標高第二位)にも 繋がっています。


昨年、ふさふさのイタチに出逢った「犬戻しの滝」も
林道を延々と歩いて もう一つの滝巡りコース。


d0098183_10091258.jpg


寂地山は山口県最高峰
登山の方も多く、トレッキング、キャンプ、滝めぐり、山登り、森林浴 と
アクティビティには事欠かず、自然を残しつつ整備されていて
お勧めのスポットです。  遊んだあとは 温泉も ♨


滝の音と マイナスイオンたっぷりの 森林浴。  
木漏れ日が心地よく イワカガミにも逢えました。
滝めぐりとトレッキングで すっきりリフレッシュ。
四季折々、訪れてみたいスポットの一つです。


d0098183_19182394.jpg


寂地峡五竜の滝
山口県岩国市錦町宇佐1388




トラックバックURL : https://jastyle.exblog.jp/tb/27608046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Jasmine_style | 2019-05-20 10:21 | 周防~長門 | Trackback | Comments(0)

Que Sera Sera 日々のこと、備忘録として。気ままに綴っております。           L♡ve is All You Need.        --From Hiroshima--


by Jasmine
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30